中国ビジネスにご関心のあるお客様へ
BUSINESS

中国ビジネスにご関心のあるお客様へ

共達グループが一体となって日本企業向けのオフショア開発、運用管理サービス及び中国国内の日系企業向けのシステム開発から保守・運用までの幅広い業務への取り組みを行い、日本企業の中国進出の拠点としての役割も担わせていただきます。


  1. 中国企業の躍進のためにはITC活用によるソフト面の充実が必要となる。そこで、中国マーケットを対象とした日本の企業、日本のITC産業(弊社の主要取引先、有力パッケージ保有会社等)の進出のパートナーの役割を果たす。(瀋陽市との深いパイプの活用、有力な国営及び民間企業の幹部との太いパイプの活用)
    (例;設備管理、金型製作等は今後有力となる)

  2. 中国の業種別代表企業が求めている業務改革、システム開発ニーズ、パッケージソフトの導入ニーズを把握し、日本の同種代表的企業のITC部門との橋渡しの役割を果たす。
    (例;MES、監視システム等は今後有力となる。)

  3. 中国でのBPO、オフショア開発、運用管理サービス等のニーズ変化に適合した人材の確保に努める。(コスト競争力⇒大規模プロジェクト経験者、高度技術者、高度業務ノウハウ保持者、手堅いプロマネ&BSEの育成、運用管理サービス人材の確保)

  4. 日本企業が懸念している中国の弱点を補う対策として、「セキュリティ対策、知的財産権保護対策、タイムリーな保守・運用・ラボ対策」を構築する。

  5. 中国において、日本企業とのIT合弁の会社設立、日本企業のIT出資を歓迎する出資要請対策(中国政府補助金の活用)を講ずる。

  6. 顧客別開発・保守体制に加え、業界や業務分野別の開発保守体制を整え、中国ビジネスにおいて「ノウハウの有効活用、生産性向上、短納期・高品質開発」の実現を図る。